au【ピタットプラン 4G LTE】ソフトバンク【ミニフィットプラン】比較

au【ピタットプラン 4G LTE】ソフトバンク【ミニフィットプラン】比較

使ったデータ利用量に応じて自動的に月額料金が変動する4G LTEスマートフォン専用プランの ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN) が2019年10月1日にスタートしました。

一方ソフトバンクでもauとよく似たプラン、ミニフィットプラン が誕生しました。両プラン共に使った分だけ料金を支払う従量制プランです。

両プラン共に最安値は1,980円からとなっていますが、果たしてピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)とミニフィットプランではどちらがお得なのかを徹底検証してみました。

※記事内の価格はすべて税抜価格です。

ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)の料金体系

ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)

ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)ではデータ容量が最大7GBまでで、データ利用料に応じて自動的に定額料が3段階に変動するシステムです。

データ利用量 月額利用料金
~1GB 2,980円
~4GB 4,480円
~7GB 5,980円

※「2年契約N」適用時

ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)の注意点として、通話プランはオプションになっている事ですね。オプションなしでは20円/30秒の料金がかかります。

かけ放題はオプションなのね…。

通話をたくさん利用する場合は『通話定額サービス』を申し込む必要があります。

サービス名 提供内容 月額料金
通話定額ライト2 5分以内の国内通話が無料 800円
通話定額2 国内通話が無料 1,800円
新auピタットプランN(ピタットプラン 4G LTE)最安値は1,980円から
スポンサーリンク

ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)を最安値の1,980円で利用するには?

ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)の最安値は1,980円ですが、月額1,980円で利用するには一定の条件を満たす必要があります。

端末を購入したら1,000円引いてくれるアレじゃないですか?

端末購入で1年間1,000円割引になる「スマホ応援割」は旧プランの場合の特典ですね、新プランでは端末購入に対する割引は「かえトクプログラム」のみです。

auの「かえトクプログラム」をわかりやすく解説【加入条件や料金など】
何だ残念!

ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)を最安値1,980円で利用するためには『家族割プラス』に加入する必要があります。この『家族割プラス』に同居家族3人以上で加入する事により、月額最大1,000円の割り引きが受けられます。

家族割プラスとは?

対象プランに加入している同居家族の人数に応じて月々の料金が割り引かれるサービス。

同居家族が2人の場合 1人あたり翌月から永年500円/月割引
同居家族が3人の場合 1人あたり翌月から永年1,000円/月割引
同居家族が4人以上の場合 1人あたり翌月から永年2,020円/月割引

※auデータMAXプラン Netflixパックの場合は、同居家族が2人以上で1,000円割引になります。
※ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)の場合は割引上限は1,000円です。

ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)では『家族割プラス』に3人以上で加入すると月額1,000円の割引が受けられるので、データ利用量を1GB未満に抑えれば月額1,980円で利用する事が可能になります。

家族3人で利用するのが条件になるのね…。

『家族割プラス』については過去記事で詳しく解説しています。

au『家族割プラス』とは?割引内容やカウント対象プランは?

ソフトバンク ミニフィットプランの料金体系

ソフトバンク ミニフィットプラン

ソフトバンクのミニフィットプランは新auピタットプランNと同様にデータ使用料に通話オプションを組み合わせる形になります。

通信システム 4G 5G
基本プラン 980円
データプラン
ミニフィット
0~1GB 3,000円
1~2GB 5,000円
2~5GB 6,500円
5G基本料 1,000円
半年おトク割(6か月) ▲1,000円 ▲1,000円
おうち割 光セット ▲1,000円 ▲1,000円
5G無料キャンペーン
(2年間)
▲1,000円
月額料金 0~1GB:1,980円
1~2GB:3,980円
2~5GB:5,480円
0~1GB:1,980円
1~2GB:3,980円
2~5GB:5,480円

※スマホではスライドして下さい。
※「半年おトク割」適用終了後はプラス1,000円。
※「5G無料キャンペーン」適用終了後はプラス1,000円。

通話オプションは国内通話24時間かけ放題の『定額オプション』と、5分以内ならかけ放題の『準定額オプション』の2種類があります。

プラン 特徴 月額料金
基本プラン(音声) 従量課金 20円/30秒
準定額オプション+ 1回5分以内通話無料 800円
定額オプション+ 24時間通話無料 1,800円

※「留守番電話プラス」「割込通話」「グループ通話」「一定額ストップサービス」も無料で利用可能。

スポンサーリンク

ソフトバンク ミニフィットプランの最安値は?

ソフトバンク ミニフィットプランの最安値

3段階のデータ容量と通話オプションを組み合わせるソフトバンク ミニフィットプランですが、最安値はいくらになるのか計算してみましょう。

ソフトバンクの方が高そうだが…。

ミニフィットプラン(1GB未満)の基本使用料は3,980円ですが、ソフトバンクではここから更に2種類の割引サービスが受けられます。

ソフトバンクの割引サービス
  • 半年おトク割
  • おうち割 光セット

半年おトク割

ソフトバンクで下記の料金プランと契約した場合、半年間月額1,000円の割引が受けられます。

  • ミニフィットプラン
  • メリハリプラン

半年おトク割の適用条件です。

半年おトク割の適用条件
  • 新規契約(MNP含む)または機種変更・契約変更(3G-4G^5G)を行う事(USIM単体契約を含む)
  • 対象料金サービスが適用中、または申し込みすを行う事(キャンセル時は割引適用外)
  • 本サービスが適用中でない事、または今まで「1年おトク割」「半年おトク割」が適用されていない事

他キャリアからソフトバンクへ乗り換える場合や、ソフトバンクで契約中に機種・契約変更をした場合に「半年おトク割」が適用されます。

1回きりのサービスね。

おうち割 光セット

ソフトバンクでスマホ・ケータイ・ネットをセットで契約すると月額料量から永年毎月1,000円が割り引かれるサービスです。

対象固定通信サービス 割引期間
SoftBank 光
SoftBank Air
Yahoo! BB ADSL
SoftBank ブロードバンド ADSL(エンジョイBB)
ケーブルライン
ひかりdeトークS(ケーブルライン)
NURO 光 でんわ(ケーブルライン)
Yahoo! BB 光シティ
永年
ホワイトBB
Yahoo! BB バリュープラン
2年間
ソフトバンクでスマホを利用する場合は自宅ネットとセットでおトク!

ソフトバンクでスマホを利用する場合は自宅ネット環境をソフトバンク系プロバイダー(SoftBank光)にすると、永年月額1,000円の割引サービスが適用されます。

icon-check-square-o ミニフィットプラン最安値

通信システム 4G 5G
基本プラン 980円
データプランミニフィット
(~1GB)
3,000円
5G基本料 1,000円
半年おトク割(6か月) ▲1,000円 ▲1,000円
おうち割 光セット ▲1,000円 ▲1,000円
5G無料キャンペーン
(2年間)
▲1,000円
月額料金 1,980円 1,980円

ソフトバンク ミニフィットプランの最安値は、データ使用量1GB未満で「1年おトク割」「おうち割 光セット」が適用された場合の1,980円になります。

「ピタットプラン 4G LTE」「ミニフィットプラン」最安値比較

最後に「ピタットプラン 4G LTE」と「ミニフィットプラン」の最安値を比較してみましょう、両プラン共に最安値は1,980円で利用可能です。

プラン ピタットプラン 4G LTE ミニフィットプラン
基本使用料 2,980円
(2年契約N適用時)
3,980円
割引 ▲1,000円
(家族割プラス)
▲2,000円
(半年おトク割・おうち割 光セット)
月額料金 1,980円 1,980円

注意点として、au「のピタットプラン 4G LTE」では永年1,980円で利用可能ですが、ソフトバンク「ミニフィットプラン」では「半年おトク割」が終了する8か月目以降は最安値は2,980円と1,000円アップしてしまいます。

auの方がおトクな感じがしますね~。

まとめ

ここでは、auの「ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)」とソフトバンク「ミニフィットプラン」を徹底比較してみました。結果、両プラン共に割引をフルに効かすことにより月額1,980円という最安値料金になりました。

最安値の1,980円で利用するためにはau・ソフトバンク共に一定の条件をクリアしなければなりません。

auスマホを最安値で使う条件
  • auと2年契約を結ぶ
  • 『家族割プラス』に同居家族3人以上で加入
  • データ使用量を1GB未満に抑える
ソフトバンクスマホを最安値で使う条件
  • ソフトバンクで新規契約(MNP含む)か機種・契約変更して「ミニフィットプラン」に加入
  • 「おうち割 光セット」に加入
  • データ使用量を1GB未満に抑える

ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)のデータ容量1GB未満ではスマートバリューが非適用なので、自宅ネットをau系に揃える必要はありません。※2GBからは適用されます。

auでは『家族割プラス』に3人以上で加入する事が最大のキーポイントになります。単身契約では最安値は2,980円になってしまいます。

う~む、家族が3人必要になるのね…。

『家族割プラス』に同居家族3人以上で契約してしまえば、永年最安値1,980円での使用が可能です。

単身者向けのプランではないですね。

一方でソフトバンクの場合は自宅ネット環境をソフトバンク系のプロバイダーにするのが第1条件になります。

ソフトバンクでスマホを利用する場合は自宅ネットとセットでおトク!

ソフトバンクでスマホを利用する場合は自宅ネット環境をソフトバンク系プロバイダー(SoftBank光)にすると、永年月額1,000円の割引サービスが適用されます。

次が厄介なのですが、ソフトバンクと契約中の場合は機種変更を行う必要があります。他社と契約している場合はソフトバンクに乗り換えるだけでOKです。

機種代金がかかりますよ!

ソフトバンクでは全ての割引が適用されると月額1,980円での使用が可能になりますが、8か月目からは「半年おトク割」が適用されなくなるので2,980円に値上ってしまいます。

両者を比較した場合、割引を適用させない場合はソフトバンクが3,980円に対してauは2,980円です。若干auの方がお得な気がしますね。

auでは『家族割プラス』がクリアできればスマホを1,980円で利用できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

//アドセンス高速化// //END アドセンス高速化//