エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

WordPressでブログを運営していると、たくさんブログを作りたくなりますね。

複数のブログを運営すれば収益が上がりますからね。

WordPressでブログを複数作成する場合はブログの数だけ独自ドメインが必要になります。当然、ドメインを取得するには取得料金と更新料金がかかります。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

お金をかけないでブログを増やす方法はないのかな?

独自ドメイン1個で作成可能なサイトは1つだけですが、独自ドメインの前に新たな文字を付け加えるだけで無料で新しいブログを作成する事が出来ます。

!?

独自ドメインの前に任意の文字を付ける事をサブドメインと言います、エックスサーバーではサブドメインの使用個数に制限はありません。

独自ドメインが1個あれば無制限にブログが作成できるのね。

そこで今回は、エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法を紹介していきたいと思います。

サブドメインとは?

サブドメインとは、利用しているドメインの前に任意の文字列をつけたドメインのことで、用途に合わせてサブドメインを利用するなど、1個の独自ドメインを幅広く活用することができます。

例えば、ワタシはもうひとつ別にブログを運営していて、こちらのURLは https://keiba.11874.click/ になっています。

当ブログの独自ドメイン『11874.click』に『keiba』を付け足して作成したので、新たなドメイン代金もかからずに無料で作れた事になります。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

エックスサーバーで作成可能なサブドメインは無制限となっており、少ない資金でブログを複数運営できて使い勝手の良いレンタルサーバーです。

注意
エックスサーバーX10はMySQLの利用上限が50個までとなっています。

1つの独自ドメインから、あまり多くのサブドメインを作成して大量のブログを運営すると何のブログか分からなくなってきてしまうので、できれば新規にドメインを購入したいですね。

スポンサーリンク

エックスサーバーでサブドメインを作成する方法

では実際に、エックスサーバーでサブドメイン(test.11874.click)を作成していきたいと思います。なお、エックスサーバーの登録方法は下記で詳しく説明しています。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

最初にエックスサーバーのサーバーパネルへログインして『サブドメイン設定』をクリックしましょう。

公式エックスサーバー

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

次にサブドメインを作成したい独自ドメインを選択します。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

『サブドメイン設定追加』をクリックします。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

サブドメインに使用する文字を入れて、『確認画面へ進む』をクリックします。コメント欄は特に入力しなくても良いです。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

『追加する』をクリックします。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

以上でサブドメインの作成が完了しましたが、設定が反映されるまで半日ほどかかる場合があるそうです。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

設定が反映されない時は?
キーボードのF5を押して、ブラウザのキャッシュを更新してやります。

サブドメインにWordPressをインストールする方法

作成したサブドメインにWordPressをインストールしていきましょう。サーバーパネルの『WordPress簡単インストール』をクリックします。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

サブドメインを作成した独自ドメインを選択します。

『WordPressインストール』をクリックします。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

『インストールURL』に先ほど作成したサブドメインを選択しましょう。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

上から順に、『ブログ名』『ユーザ名』『パスワード』『メールアドレス』を入力して、ページを下にスクロールしていき『確認画面へ進む』をクリックします。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

確認を行い問題なければ『インストールする』をクリックしましょう。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

以上でサブドメインを使ったWordPressのインストールが完了しました。後はブログの管理画面へのURLをクリックしてIDとパスワードを入力すればダッシュボードへログイン出来ます。

なお、こちらの画面をスクリーンショットで保存しておくと、後々で便利になります。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

まとめ

今回はエックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールしましたが、エックスサーバーでのサブドメインの位置づけはどうなっているのかFTPソフトで確認してみましょう。

独自ドメインの中じゃないですかね?

下記がワタシが契約しているエックスサーバーのルートディレクトリになります。独自ドメインは全部で5個、『xsrv.jp』とあるのは、エックスサーバーに登録した時にサーバーIDを登録しますが、サーバーIDで自動的に作られるサブドメインです。

このドメインでブログを運営するとURLの末尾に『xsrv.jp』が付いてくるので使い道がないですね。ワタシはテスト用に使っています。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

今回作成したサブドメインを覗いてみると、独自ドメインの public_html直下 に作成されていました。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

レンタルサーバー会社によっては独自ドメインの位置づけは違ってきますが、エックスサーバーでは独自ドメイン内のpublic_html直下にサブドメインフォルダが作成されるみたいです。

本当は全てのフォルダが独立して作成できる方が良いのですが、まあ仕方がありませんね。

エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)