エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

ここでは、エックスサーバーの評判や、月額料金・登録方法などを紹介したいと思います。これからエックスサーバーに乗り換える人や、初めてレンタルサーバーに申し込む人の参考になれば幸いです。

エックスサーバーと契約するとドメインが貰えるっッてマジ?

大マジです、エックスサーバーではサーバーを新規契約するとドメインが1つ無料で貰えるキャンペーンが実施されています。

ふ~ん、エックスサーバーと契約すれば即ブログ運営が出来るのね。

エックスサーバーの主な特徴
  • 高速性・機能性・安定性を兼ね備えたハイスペックサーバー導入
  • 一契約で複数のサイトの開設・運営可能
  • 『WordPress簡単インストール』でサクッとブログ作成
  • 『WordPress簡単移行』で他社から簡単にWordPress以降可能
  • 『Xアクセラレータ』でPHPの大幅な高速・安定化
  • 独自SSLが無料・無制限で利用可能
  • ビジネス用プラン『エックスサーバービジネス』

エックスサーバーとは?評判はどうなの?

エックスサーバーは2003年に設立されて共有レンタルサーバーサービスの提供を開始しました。2018年には法人向けレンタルサーバーサービス『エックスサーバービジネス』も開始されて個人・企業共に利用できるサーバー会社になりました。

レンタルサーバーの老舗ですね。

エックスサーバーの評判をTwitterで調べてみると、皆さん『速い』と満足されているみたいですね。料金は月額1,000円(税抜)で導入できるので『安い』です。後は『旨い』だけですね(笑)。

スポンサーリンク

エックスサーバーの特徴

以下エックスサーバーの特徴です。

高速性・機能性・安定性を兼ね備えたハイスペックサーバー導入

エックスサーバーではハイスペックサーバーを使用しており、大量アクセスに強く快適なネットワーク環境を実現します。稼働率も99.99%以上で安定した環境でのサイト運営が可能です。

要するに『落ちない』って訳ね。

一契約で複数のサイトの開設・運営可能

一番安いスタンダードプラン『X10』でも容量が200GBあり、データベース(MySQL)を50個作成可能です。サーバーを1つ契約すればたくさんのブログ・サイトを運営できます。

また、マルチドメイン・サブドメインの利用も無制限になっています。

たくさんブログが作れるのか!

『WordPress簡単インストール』でサクッとブログ作成

エックスサーバーでWordPressをインストールする場合、初心者にも簡単に行えるよう『WordPress簡単インストール』という機能があります。手順に従って4.5ステップでブログが作成可能です。

初心者にも優しいのね。

『WordPress簡単移行』で他社から簡単にWordPress以降可能

サーバーパネルの『WordPress簡単移行』から必要な情報を入力するだけで、他社レンタルサーバーで運用中のWordPressを自動的にエックスサーバーへ移行が可能になります。

ほう、引っ越しもOKなのね。

『Xアクセラレータ』でPHPの大幅な高速・安定化

『Xアクセラレータ』とは、ブログを高速・安定化させるための機能で、『Ver.1』『Ver.2』が選択できます。※パフォーマンスチューニングに伴い、「Xアクセラレータ Ver.2」は現在設定不可です。

icon-check-square-o Xアクセラレータ設定の違い

Xアクセラレータ Ver.1静的ファイルの高速化と同時アクセス数の拡張が行われる
Xアクセラレータ Ver.2『Ver.1』の特徴にプラスしてPHPプログラムが高速化される

独自SSLが無料・無制限で利用可能

エックスサーバーでは、無料でhttpからhttpsへの変更が可能です。ドメインの追加ページで最初から『無料独自SSLを利用する』にチェックが入っているので、WordPressインストール後に設定画面でhttpsを加えるだけです。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

ビジネス用プラン『エックスサーバービジネス』

エックスサーバーでは2018年5月24日から法人向けレンタルサーバーのエックスサーバービジネスがスタートしました。

『エックスサーバー ビジネス』の主な特徴
  • 大容量200GBから、月額3,420円(税抜)から
  • 最高水準の信頼性を誇るSSL証明書サービス(EV SSL)が利用可能
  • 他社からのサーバー移転作業や各種設定・手続きの無料代行サービス
  • ネットワークの脆弱性を定期診断する『セコムセキュリティ診断』あり
  • 法人向けドメイン名(.co.jp)を含む各種ドメイン名の取得・更新費用が無料(1契約につき1件まで)

エックスサーバー(個人向け)のプランと料金

エックスサーバーには『X10』『X20』『X30』の3つのプランが用意されています。

プランX10X20X30
初期費用3,000円
月額料金1,000円
(3年900円)
2,000円
(3年1,800円)
4,000円
(3年3,600円)
容量(SSD)200GB300GB400GB
マルチドメイン無制限
サブドメイン無制限
MySQL50個70個70個
1日の転送量70GB90GB100GB
無料お試し期間最大10日間無料

※税抜価格。

初めてレンタルサーバーを導入するのであれば、X10(スタンダード)で十分だと思います。容量は破格のSSD200GBです。

3種類あるエックスサーバーのプランですが、契約期間が「1か月(カード自動更新)」「3か月」「6か月」「12か月」「24か月」「36か月」に分かれています。

プランX10X20X30
1か月(カード自動更新)1,000円×1か月2,000円×1か月4,000円×1か月
3か月1,200円×3か月2,400円×3か月4,800円×3か月
6か月1,100円×6か月2,200円×6か月4,400円×6か月
12か月1,000円×12か月2,000円×12か月4,000円×12か月
24か月950円×24か月1,900円×24か月3,800円×24か月
36か月900円×36か月1,800円×36か月3,600円×36か月

※税抜価格

3か月契約と3年契約では、月額料金がかなり変わってきますね。

 

wpXレンタルサーバーとの違いについて

エックスサーバーには、WordPress専用サーバーの wpXレンタルサーバーという別サービスがあります。両社の違いを簡単に説明すると、wpXレンタルサーバーはエックスサーバーの性能を引き継いだ WordPress専用サーバー です。WordPress用に最適化されているので、より高速&快適に運用出来るという事です。

icon-check-square-o エックスサーバーとwpXレンタルサーバーの違い

エックスサーバー(X10)wpXレンタルサーバー
容量(SSD)200GB30GB
初期費用3,000円5,000円
月額料金1,000円(12か月)1,000円(12か月)
マルチドメイン無制限10個
MySQL50個10個
1日の転送量70GB50GB
独自SSL無料・無制限無料
無料お試し期間最大10日間無料最大14日間無料

※税抜価格。

wpXレンタルサーバーの方は、マルチドメインが10個とやや少ない感じがしますね。違いがあるのは容量ですが、SSDが30GBとありますが、まったく問題ないでしょう。

スポンサーリンク

エックスサーバーの新規登録方法

では実際に、エックスサーバーに新規登録を行っていきます。まずはエックスサーバーのHPへアクセスしましょう。

公式エックスサーバー

トップページ中ほどの右、『サーバー無料お試し』の『お申込みはこちら』をクリックします。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

別窓が開くので、『サーバー新規お申込み』をクリックします。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

最初にサーバーIDを記入します。任意の半角英数字小文字を記入しますが、すでに登録済みが多く、考えるのに苦労しました(笑)。次に、プランはお好みの物を選択します。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

続いて『メールアドレス』『名前』『住所』等を記入していきます。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

最後に利用規約に目を通して、同意欄にチェックを入れて『お申込み内容の確認』をクリックします。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

契約内容と会員情報に間違いなければ『お申し込みをする』をクリックします。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

これで申し込みが完了しました。『メールが届きますので確認してください。』と言われるので、メールを確認します。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

会員IDとパスワードが記載されたメールが送られてきました。ここから試用期間という事になります。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

10日間お試しできるのですね。

ちなみに、お試し期間中は下記の機能が制限されます。

お試し期間中に制限される機能
  • メールアカウントの作成
  • サーバープログラム(CGI/PHP等)によるメール送受信
  • 追加FTPアカウントの作成

エックスサーバーを継続して使用する(本契約)ためには?

試用期間が最大10日間となっていますが、このまま契約を続ける場合は、試用期間内に料金を支払う必要があります。料金を支払った時点で試用期間は終了するので、今すぐ料金を支払った場合は試用期間が1日となりますね。

せめて5日間くらいはお試ししてみましょうよ。

本契約を結ぶ場合はインフォパネルの『料金のお支払い/請求書発行』から手続きを行いましょう。

エックスサーバーを無料お試し期間しか利用しない場合の手続きは?

無料お試し期間内で利用を辞めて本契約をしない場合は、無料お試し期間内に解約を申し出なければなりません。インフォパネルの『解約』からサービスの解約申請を行いましょう。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

 

エックスサーバーへのログイン方法

では、さっそくエックスサーバーへログインしてみましょう。エックスサーバーのサイトから『ログイン』➝『インフォパネル』と進みます。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

会員IDまたはメールアドレスとパスワードを入力して、ログインボタンをクリックします。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

これがエックスサーバーのインフォパネルです。白を主体としたオシャレなページですね(笑)。新しくブログを作成するには、サーバーパネルにログインするわけですが、これはどこのレンタルサーバーでも同じですね。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

icon-check-square-o サーバーパネル

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

エックスサーバーと契約するとドメインを1つプレゼント

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

エックスサーバーでは新規申し込みのサーバアカウントに対してドメインが1つプレゼントされます。

えっ!契約しただけで貰えるの?

エックスサーバーと契約している間はドメインの更新料も無料です。

プレゼント対象ドメイン
  • .com
  • .net
  • .org
  • .biz
  • .info
  • .xyz
  • .link
  • .click

エックスサーバーでの更新方法

エックスサーバーで契約を更新する方法です。最初にインフォパネルの『決済関連』欄の『料金のお支払/請求書発行』をクリックします。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

『お支払い伝票の発行』欄で、更新するサーバーIDにチェックを入れて、更新期間を選択、『お支払方法を選択する』をクリックします。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

支払い方法は下記の4通りです。

  • 銀行振り込み
  • クレジットカード
  • コンビニエンスストア
  • ペイジー

今回はクレジットカードで支払いました。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

以上で契約更新完了です。

エックスサーバーの料金体系や契約・更新のやり方を徹底解説する!

まとめ

今回は、エックスサーバーの特徴や新規登録方法や更新方法を紹介しました。新規登録はマニュアルに添って必要事項を記入していくだけなので簡単に行えると思います。

お試し期間終了後も継続してサーバーを利用するには、10日間の試用期間内に料金を支払う必要がありますが、エックスサーバーのプランは契約期間によって料金に差が出てきます。

プランX10X20X30
1か月(カード自動更新)1,000円×1か月2,000円×1か月4,000円×1か月
3か月1,200円×3か月2,400円×3か月4,800円×3か月
6か月1,100円×6か月2,200円×6か月4,400円×6か月
12か月1,000円×12か月2,000円×12か月4,000円×12か月
24か月950円×24か月1,900円×24か月3,800円×24か月
36か月900円×36か月1,800円×36か月3,600円×36か月

※税抜価格

この中では3年契約が最もお得になりますが、3年の途中で気が変わる場合もあるので、最初は1年間の前払いが無難ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)