Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

2016年の4月6日よりAmazonプライムでネットショッピングをしますと今まで無料だった送料が350円かかる事になりました。

これには条件がありまして、合計2000円以上の買い物をすれば送料無料になりますが、2000円未満ですと350円の送料を取られてしまいます。

関連記事

例えばAmazonプライムで500円のCDを購入する場合は、以前でしたら送料が無料ですので総額500円で購入できました。

しかし今では500円のCD代プラス送料が350円かかりますので支払う総額が850円になってしまいます。

500円の商品を購入するのに送料を350円も支払うのは何か勿体ないですね。そこでなるべく送料を安く100円ちょっとに抑える方法を解説していきます。

スポンサーリンク

Amazonの販売体系の違いとは?

まず1番初めにAmazonの販売体系について知っておく必要があります。楽天市場なら楽天に登録しているショップから購入しますが、Amazonの場合は少々複雑になっています。

1Amazon
2Amazonマーケットプレイス

この2種類の販売体系があります。

Amazon

御存じAmazon.co.jpが販売します。元々はアメリカのワシントン州にあるAmazon.comが発祥です。そこから全世界に広がっていきました。

最初は書籍のみを販売していましたが、今では何でも揃う総合シヨッピングモールになりました。

Amazon.co.jpが販売している商品には「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と書かれています。基本的にAmazon.co.jpは新品しか販売しませんので、ここら辺が見分けるコツですね。

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

コンディションには「新品」とだけ書かれていますのですぐに分かりますね。

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

送料ですが、合計2000円以上注文すると無料になります。例外は書籍に対してはオール送料無料という事です。

2000円以下の商品には350円の送料がかかりますが、Amazonプライム会員になれば送料が無料になります。但し年間に税込3900円の会員費がかかります。

送料が無料になる他に、プライム・ビデオやPrime Musicが無料で楽しめます。月額に割ると325円しかかかりませんので、Amazonでメインに購入する人は是非会員になっておきたいですね。

わたくしはあまりAmazonを利用しませんので、Amazonプライム無料体験を使っています。30日間限定でAmazonプライム会員を無料お試し体験できます。どれくらいの期間を置けばよいか分かりませんが、何年かに1回試すことができます。わたくしはAmazonプライム無料お試しを3.4回体験できました。

関連記事

Amazonマーケットプレイス

こちらはAmazonに出店している業者になります。出店料さえ払えばだれでも登録できます。かくゆうわたくしもAmazonで販売している1人です。最近では全く売り上げがありませんが(笑)。

このAmazonマーケットプレイスにも2種類の販売体系があります。分かり易く言えば、どこから送られてくるかによって見分けられる事が出来ます。

我々の間ではこう呼んでいます。

1FBA
2自己発送

AmazonFBA(フルフィルメント by Amazon)

AmazonFBAとは出品者に替わってAmazonが梱包・発送してくれるサービスになります。

簡単に説明しますと、AmazonFBA出品者はまず仕入れた商品をAmazonの倉庫に送ります。商品を送ってしまえば、あとは自分の出品している商品価格の調整のみで、何もしなくても良いです。

ネットで注文が入りますと、FBA出品者に替わってAmazonが商品を梱包・発送してくれます。

AmazonFBAもAmazonの倉庫から発送されますので、基本的にはAmazon.co.jpと同じ仕組みになります。2000円未満の商品には350円の送料がかかります。Amazon.co.jpとの違いは、中古品も販売している事ですね。

AmazonFBAの見分け方は、商品カートに「この商品は○○が販売し、Amazon.co.jp が発送します。」と明記されています。

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

値段別のページでは販売者の評価も掲載されていますので、参考にするのも一つの手になります。

自己発送

AmazonFBAで販売をしたことがない人には「何の事だろう?」と思うかもしれませんね。

Amazon.co.jpやAmazonFBAでは商品を注文するとAmazonの倉庫から配送されてきますが、こちらは注文が入ると自社から発送します。なので販売・梱包・発送とすべてこなさなければなりません。その代わりにAmazonへ支払う手数料も安く済みます。

自己発送では2000円以上購入しても配送料が350円かかります。見分け方の目安は、「+ ¥ 350 (関東への配送料) 」となっているのが自己発送で、「プライム」マークがついていません。

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

Amazonで2000円以内の商品を購入しても送料を無料にする裏ワザ

ここからが本題になりますが、Amazonで2000円以内の商品(書籍を除く)を買いますと送料が350円かかります。

「書籍を除く」とありますが、書籍には送料がかかりません。

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

もうお分かりと思いますが、2000円未満の商品を購入する時は、書籍と同時に注文すれば送料が無料になるという事です。

送料が無料と言っても書籍代はプラスされますので、なるべく安い書籍を探せば良いですね。350円の送料を支払うよりも350円の書籍を買った方がなんとなく得した気分になりますね(笑)。

ここで注意したい事は、プライムマークのある商品にしか適応されない事です。要するにAmazonの倉庫から送られる商品のみ適応されます。

「じゃあ50円の本を買ったらいいんじゃない?」と思いますが、中々50円の本は売っていません。

何故かと言いますと、AmazonFBAでは販売手数料で最低でも320円ほど取られますので、100円の書籍を販売しますと250円の赤字になってしまいます。商品を売って赤字になるほど馬鹿らしい事はありません。なのであまり安い商品は売ってないのが当たり前になります。

それでも中には100円ちょっとで販売している出品者もいますので、そういう所を狙っていきます。

Amazonのサイトから最安値の書籍を検索してもイマイチ探すのが難しいので、他サイトの価格.comから探していきます。

価格.comで100円台の書籍を探す。

価格.comのサイトへアクセスします。→http://kakaku.com/

トップページから「本・CD・DVD」と進みます。検索窓に「本」と記入して、「このカテゴリ内で」にチェックを入れて検索します。

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

「カテゴリで絞り込む」で「本・雑誌」をクリックします。

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

検索結果が表示されますので、「価格の安い順」をクリックします。

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

これで本・雑誌が最安値順に並びましたので、「ショップで絞り込む」で「Amazon.co.jp」を選択します。

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

これでAmazon.co.jp内で本が最安値順に並んでいることになります。最安値は103円ですね。「ショップへ」をクリックしてみましょう。

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

Amazon本体が販売していますね。送料無料で103円です。これを2000円以内の商品と一緒にカートに入れてみます。

例えば自分の欲しいCDが2000円未満だとします。このCDは新品で何と現在の価格が395円です。

これだけをカートに入れてみますと送料350円プラスされます。合計で745円になりました。どっちが送料か分からなくなりますね(笑)。

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

ここに追加して先ほどの103円の本をカートに入れてみますと、なんと総合計が498円になりました。1個買うよりも2個買った方が安くなるなんて不思議ですね(笑)。

Amazonで2000円以内の商品でも送料が無料になる100円台の書籍の探し方

まとめ

Amazonで2000円以下の商品を購入する時は、抱き合わせで100円ほどの書籍を同時に購入しますと送料350円が無料になります。

こんな風に少しでもお得な購入方法を知っておくと、ネットでの買い物も楽しくなりますね。

この方法はAmazonのプライムマークが付いている商品のみの裏ワザになりますので、その点を忘れないようにして頂きたいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です