【最新版】エックスサーバーへの新規登録方法の手順を解説【WordPress移行】

エックスサーバーへの新規登録方法

こんにちは、こんばんは、ごりょんさんです。

今回レンタルサーバーをエックスサーバーに移行する事になりました。

そこで実際にエックスサーバーへ新規登録する過程を記していきたいと思います。これからエックスサーバーに乗り換える人や初めてレンタルサーバーに申し込む人の参考になれば幸いです。

なるべく簡単に時間をかけずに移行を行っていきたいですが、なにしろ初めての体験ですので戸惑う事もあると思います。

出来るだけ初心者にも分かりやすい記事にしていくつもりですのでご了解ください。

スポンサーリンク

サーバー移転への経緯

2015年11月に開設しました当ブログですが、元々はA8ネットの無料ブログのファンブログで運営していました。

無料ブログでサイトを立ち上げましたが、やがて独自ドメインを取得、レンタルサーバーを借りてWordPressに新規ブログを開設して今日まで至りました。

今現在わたくしが利用しているレンタルサーバー会社はFUTOKAです。月額2,080円とやや高めの金額になります。

金額の話は置いておくとしまして、問題はブログの表示スピードが遅い事です。

最初の頃はあまり感じませんでしたが、8月に入ってブログの表示スピードが異様に遅くなり、イライラする事が多々ありました。

これはプラグインの入れ過ぎかもしれないと思い調べたりもしました。

関連記事➝ワードプレスの管理画面が重いと感じたらP3 ( Plugin Performance Profiler)で調べてみる

その他にもキャッシュ系プラグインを入れてみたりもしました。

関連記事➝W3 Total Cacheの設定方法と削除時に気を付けなければならない事【WP高速化】

しかしまったく改善されずにどんどんサイトが重くなっていきました。おまけに管理画面にログインする時に30秒ほど時間がかかるようになりました。

新規記事を作成している時も、画像をアップロードする時や、プレビューを表示する時など間に他の作業が出来る位遅くなって来ました。

この前もツイートしましたが、こんな感じに。

エックスサーバーへの新規登録方法1

35秒www

ページの読み込みが終わるまで35秒って(笑)。昭和の時代のダイヤルアップじゃあるまいし(笑)。

ちなみにGoogleのブラウザchromeで簡単に調べられます。

名称は「Web担当者Forum版 ページ速度分析ツール」だそうです。

このツールはページ表示のどこに時間がかかっているのかを調べるブックマークレットです。

まず下記のリンクをコピーします。

①chromeの「★」➝「編集」と順にクリックします。

rental-server-move1エックスサーバーへ移転するために行う3つの手順2

URLに先程のコードを貼り付けます。名前は適当で良いです。最後に「保存」を押しますとお気に入りに追加されます。

エックスサーバーへの新規登録方法3

今現在の当ブログのトップページを計測してみましょう。

エックスサーバーへの新規登録方法4

2.91秒とかなり改善されました。

ページのどの部分に時間がかかっているのかを見てみます。

エックスサーバーへの新規登録方法5

赤枠がレンタルサーバー側が原因でかかる割合です。この前までこれが9割近くありました。

話は戻りますが異常にブログが重いのでFUTOKAに問い合わせのメールを送ったところ返事が来ました。

エックスサーバーへの新規登録方法6

このおかげで順調に増えてきたアクセスがやや下降気味になりました。

今後またこのようなことがありますとブログの集客に影響が出ますので、思い切ってサーバーを引っ越すことにしました。

エックスサーバーとwpXの違いについて

移転先はエックスサーバーに決めましたがどのプランに申し込めばよいのでしょうか?

エックスサーバーにはWordPress専用サーバーwpXレンタルサーバーという別サービスがあります。

両社の違いを簡単に説明しますと、wpXはエックスサーバーの性能引き継いだWordPress専用サーバーです。

WordPress用に最適化されていますので、より高速&快適に運用できるという事らしいです。

わたくしはWordPressでも初心者なのに、HTMLを使ってサイトなどとてもできませんのでwpXの方が良い感じがしますが、一応両社を比較してみることにしました。

 エックスサーバー(X10)wpX
容量200GB30GB(SSD)
初期費用3,240円5,400円
月額利用料金(1年間まとめて)1,080円1,080円
マルチドメイン無制限10個
MySQL50個10個
1日の転送量70GB50GB
独自SSL無料・無制限無料

wpXの方はマルチドメインが10個とやや少ない感じがしますね。あと違いがあるのは容量ですがSSD30GBとありますが、FUTOKAが10GBですので全く問題ないですね。

少し悩みましたが、とりあえずエックスサーバーに申し込んでみようと思います。

エックスサーバーへの新規登録方法

では実際にエックスサーバーで新規登録を行いたいと思います。まずはエックスサーバーのHPへアクセスします。

トップページ中ほどの右、「サーバー無料お試し」の「お申込み」をクリックします。

エックスサーバーへの新規登録方法7

ページ中央左の「お申込みフォーム」をクリックします。

エックスサーバーへの新規登録方法8

「新規申し込み」と進みます。

エックスサーバーへの新規登録方法9

「サーバーのお申込み」をクリックします。

エックスサーバーへの新規登録方法10

最初にサーバーIDを記入します。任意の記号で良いらしいですが、すでに登録済みが多く考えるのに苦労しました(笑)。

プランは「X10プラン」を選択します。

エックスサーバーへの新規登録方法12

次はメールアドレス、名前・住所等を記入していきます。

エックスサーバーへの新規登録方法13

最後に利用規約に目を通して同意欄にチェックを入れて「お申込み内容の確認」をクリックします。

エックスサーバーへの新規登録方法14

契約内容と会員情報に間違いなければ「お申し込みをする」をクリックします。

エックスサーバーへの新規登録方法15

これで申し込みが完了しました。「メールが届きますので確認してください。」とのことです。

エックスサーバーへの新規登録方法16

会員IDとパスワードが記載されたメールが送られてきました。試用期間と言う事になります。

エックスサーバーへの新規登録方法17

継続して使用する(本契約)ためには?

試用期間が2016年10月13日までとなっていますが、このまま契約を続ける場合は試用期間内に料金を支払う必要があります。

料金を支払った時点で試用期間は終了しますので、今すぐ料金を支払った場合は試用期間が1日となりますね。少しもったいないので料金の支払いは後にしましょうか?

継続して使用しない場合の手続きは?

試用期間で利用を止めて本契約をしない場合ですが、期間内に解約を申し出なければなりません。

インフォパネルの解約からサービスの解約申請を行います。

エックスサーバーへの新規登録方法18

インフォパネルへログインしてみる

ではさっそくインフォパネルへログインしてみましょう。

インフォパネルとはFUTOKAでいうところコントロールパネルの事ですね。

エックスサーバートップからログイン➝インフォパネルと進みます。

エックスサーバーへの新規登録方法19

会員IDまたはメールアドレスとパスワードを入力してログインボタンをクリックします。

エックスサーバーへの新規登録方法20

これがエックスサーバーの管理画面ですね。FUTOKAは赤が主体でしたがこちらは黒ですね(笑)。

新しくブログを作るにはサーバーパネルにログインするわけですね、これはどこのレンタルサーバーでも同じ感じですね。

エックスサーバーへの新規登録方法21

エックスサーバー新規登録まとめ

実際にエックスサーバーへの新規登録を行ってきましたが、マニュアルに添って必要事項を記入していくだけですので簡単でした。

これからの流れとしましては、10日間の試用期間内に料金を支払わなければならない事です。

エックスサーバーでは契約期間が5通りあります。

  • 3か月 1,296円
  • 6か月 1,188円
  • 1年  1,080円
  • 2年  1,026円
  • 3年   972円

こうしてみますと3年が最もお得になりますが、3年間で気が変わることもありますので最初は1年間の前払いが無難ではないでしょうか。

2016年10月31日の18:00までに新規登録すれば独自ドメインが貰えるキャンペーン中ですので楽しみになります。

キャンペーン対象のサーバーアカウントをご契約いただいた方に、独自ドメイン(.com/.net/.org/.biz/.infoからいずれか)を1個進呈!
今回ご契約のサーバーをご利用の間は、進呈したドメインの更新費も無料!

詳しくは➝月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

やっぱりCOMがいいですかね(笑)。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です