Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

注意
2019年5月時点では、2,000円未満の商品と100円台の書籍の抱き合わせ購入では配送料が発生しています。どうやらAmazonの規約が改定された様子です。残念ながら抱き合わせ購入の裏技は使えなくなりました。

2018年4月4日にAmazonから発送される商品の送料が値上げされて400~440円になりました。送料が値上げされたのはAmazonのプライムマークの付いた商品(マケプレプライム除く)になります。

プライムマーク?

Amazonプライムでは下記のマークが記されています。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

そもそも、Amazon.co.jpというショッピングモールは、Amazon自身が販売している商品と、Amazonに手数料を払って出店している業者の2つの販売体系になっています。

Amazonに手数料を払って出店している業者の中で、Amazonに梱包・配送を丸投げしているのが、フルフィルメントby Amazon(FBA)です。

今回値上げされたのは、Amazon本体が販売する商品と、フルフィルメントby Amazon(FBA)が販売する商品になります。

何だか分かり難いな~、Amazonの販売体系をまとめてくださいよ。 

という事で、Amazonの出店体系を表にまとめてみました。

Amazon.co.jp
出店体系Amazon.co.jpAmazonマーケットプレイス
フルフィルメント by Amazon(FBA)自己発送
primeマークの有無Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方
特徴Amazon.co.jpの配送センターから発送。自社発送(マケプレプライム)。

『マケプレお急ぎ便』選択可能。

自社発送。
配送料値上げの有無値上げ通常送料無料

primeマークの付いた商品は、合計2,000円以上購入すれば送料無料になりますが、2,000円未満なら400円~440円の送料を取られてしまいます。プライム会員は2,000円未満の商品でも送料は無料です。※マケプレプライムでは通常送料は無料です。

注文金額合計本州・四国(離島を除く)北海道・九州・沖縄・離島
2,000円以上無料無料
2,000円未満400円440円

※書籍には送料はかかりません。

関連 Amazonが送料値上げ!2,000円未満は400円以上へ

例えば、Amazonのプライムマークがある500円のCDを購入する場合は、以前なら送料が無料なので、総額500円で購入できましたが、現在では500円のCD代プラス送料が400円~440円かかるので、支払う総額が900円~940円になってしまいます。※マケプレプライムでは通常送料は無料です。

500円の商品に送料が400円以上か…。

500円の商品を購入するのに送料を400円以上も支払うのは勿体ないですね。そこでなるべく送料を安く、100円ちょっとに抑える方法を紹介していきます。

Amazonで2,000円以内の商品を購入しても送料を無料にする裏ワザ

Amazon.co.jpやアマゾンFBAで2,000円以内の商品(書籍を除く)を購入する場合、送料が400円~440円かかります。

マケプレプライムを除いたprimeマークがある商品でしたね。

『書籍を除く』とありますが、アマゾンの倉庫から発送される書籍には送料がかかりません。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

もうお分かりとだ思いますが、2,000円未満の商品を購入する場合は、書籍と同封すれば送料が無料になるという事です。

送料が無料と言っても、書籍代はプラスされるので、なるべく安い書籍を探せば良いです。400円の送料を支払うよりも、400円の書籍を買った方がなんとなく得した気分になりますね(笑)。

『じゃあ50円の本を買ったらいいんじゃない?』と思いますが、なかなか50円の本は売っていません。

何故かと言うと、アマゾンFBAでは販売手数料等で最低でも470円ほど取られるので、100円の書籍を販売すると400円近い赤字になってしまいます。商品を売って赤字になるほど馬鹿らしい事はありません。なので、あまり安い商品は売ってないのが当たり前になります。

それでも、中には100円ちょっとで販売している出品者もいるので、そういう所を狙っていきます。

Amazon.co.jpで最安値の書籍を検索しても、イマイチ探すのが難しいので、他サイトの 価格.com から探していきます。

 

価格.comで100円台の書籍を探す。

価格.comのサイトへアクセスします。

外部リンク http://kakaku.com/

最初にトップページのカテゴリ一覧の中から 『本・CD・DVD』をクリックしましょう。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

本・CD・DVD関連のページが表示されるので、検索窓に『本』と入力して、『このカテゴリ内で』にチェックを入れて検索します。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

『検索結果を絞り込む』欄の『カテゴリ』で『本・雑誌』にチェックを入れましょう。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

検索結果が表示されるので、『価格の安い順』をクリックします。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

これで価格.com内の『本・雑誌』が最安値順に並んだので、『モール』から『Amazon.co.jp』を選択します。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

これでAmazon.co.jpのサイト内で、書籍が最安値順に並んでいる事になります。最安値は101円でしたが、残念ながら売り切れていたので2番目の商品の『ショップへ行く』をクリックしてみましょう。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

『¥103より 7商品』をクリックします。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

この書籍は103円で販売されています。ここで重要なのは、この商品を販売している出店体系を確認する事です。この商品はAmazon本体が販売していますね。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

この様に、同じ103円でも自己発送(マケプレプライム除く)では配送料がかかってしまうので注意が必要です。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

なるほど、出店体系に注意ですね。

 

書籍を同封した場合としない場合の送料の違い

それでは実際に、2,000円以内の商品を単独で購入した場合と、100円台の書籍を同封した場合の配送料の違いを確認してみましょう。

例えば自分の欲しいCDが2,000円未満だとします。下記のCDは新品で、何と現在の価格が300円です。

これだけをカートに入れてみると、送料が400円プラスされます。合計で700円になりました、どっちが送料か分からなくなりますね(笑)。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

このCDに追加して、先ほどの103円の本をカートに入れてみると、なんと総合計が403円になりました。1個買うよりも2個買った方が安くなるなんて不思議ですね(笑)。

Amazonで2,000円以内の商品でも送料無料になる100円書籍の探し方

300円近く安くなった~。

 

注意
2019年5月時点では、2,000円未満の商品と100円台の書籍の抱き合わせ購入では配送料が発生しています。どうやらAmazonの規約が改定された様子です。残念ながら抱き合わせ購入の裏技は使えなくなりました。

 

2019年5月追記

以前なら、2,000円未満の商品の送料を安く済ませる方法として、100円台の書籍を抱き合わせで購入する裏ワザが通用していました。

300円のCDを1枚購入すると送料が400円かかり、合計で700円の金額を支払う事になりますが、100円の書籍を同封する事により送料が無料になり、合計400円で購入が可能でした。

ところが、2019年5月に抱き合わせ購入を試してみたところ、通常送料がかかる事が分かりました。残念ながらAmazonで規約が改定されたみたいです。

他に裏技的な方法はないかと試してみましたが皆無でした。裏ワザが使えなくなった現在でAmazonで送料をなるべく安く抑える方法は2,000円以上まとめて購入する事です。2,000円以上で送料が無料になるので、欲しい商品はなるべくまとめて購入するのがお得ですね。

300円のCDを買うのに必要ない商品を買いたくないな~。

通常送料を無料にするには Amazonプライムに入会するしかないですね。月額料金は500円なので、2回購入すれば送料は250円、4回購入すれば125円になります。その他では「お急ぎ便」が無料で使えるので、今すぐ商品が欲しい人にはピッタリなサービスです。

ちなみに、30日間の無料体験を試すことが出来ます。

関連 Amazonプライムを無料体験しよう!登録から解約までを解説【何回でもOK】

 

「Amazonマーケットプレイス」の記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)