auスマホの新サービス「au ピタットプラン」とは?メリットやデメリットは?

auスマホの新サービス「au ピタットプラン」とは?メリットやデメリットは?

2017年7月14日スタートした、auスマホの新サービス au ピタットプラン とは一体どのようなサービスなのか、メリットやデメリットはあるのか などを調べて行きたいと思います。

飼いヌコ
月額料金が下がるのなら利用しなきゃ損ですね!

au ピタットプランのサービス内容を簡単に説明すると、使った分だけ支払う従量課金制 です。

以前までのauスマホの料金体系は3つに分かれていました。

  • LTEプラン
  • カケホ
  • スーパーカケホ

プランスーパーカケホカケホLTEプラン
特徴1回5分以内なら国内通話かけ放題24時間国内通話かけ放題午前1時~午後9時の間auどうしの通話料無料
基本料金1,700円2,700円934円
ネット接続料300円300円300円
データ容量1GB2,900円1GBなし7GB5,700円
2GBなし2GB3,500円
3GB4,200円3GB4,200円
5GB5,000円5GB5,000円
20GB6,000円20GB6,000円
30GB8,000円30GB8,000円

※税抜価格

関連 auのデータ定額1GBプランのメリットと併用できない割引サービスとは?

このプランの最安値は、スーパーカケホ+データ1GBの5,292円(税込)でした。スマートバリューに加入していれば、更に2年間1,008円(永年540円)引きになるので、3年目からは、月額料金が4,752円(税込)という計算になります。

飼いヌコ
1GBなんて動画を見たらあっという間ですね。

今回、新しくスタートした、auスマホの新サービス au ピタットプラン では、月額料金が安くなるのか? また、プラン変更には制約があるのかなどを調べて行きたいと思います。

スポンサーリンク

au ピタットプランは3種類の通話スタイルから選択可能

au ピタットプランには電話の利用頻度によって3つのプランが選択可能になります。

スーパーカケホ国内通話24時間5分以内カケ放題!
※家族間通話無料
カケホ国内通話24時間カケ放題!
シンプル通話料金は話した分だけ支払う(20円/30秒)
※家族間通話無料
飼いヌコ
シンプルプランが新しく登場しましたね。

シンプルプランは通話した分だけ払うとなっていますが、通話料金は30秒間20円なので、毎日1分間ずつ通話すると、1か月に1,200円プラスされる計算になりますね。

auピタットプラン(スーパーカケホ)

1回5分以内なら、24時間国内通話がカケ放題になるプランです。しかしながら、5分を超過すると30秒で20円の通話料を請求される事になります。但し、家族間の通話は無料になります。

auピタットプラン(スーパーカケホ)
データ利用料 ~1GB~2GB~3GB~5GB5GB超
~20GB
基本料金
(誰でも割適応時)
3,480円4,480円5,480円6,480円7,480円
auスマートバリュー▲500円▲1,000円
月額料金2,980円3,980円4,480円5,480円6,480円
注 税抜価格

関連 auの誰でも割とは?

従来のスーパーカケホ+1GBのプランでは、4,900円(税抜)だったのが、今回のピタットプランでは3,480円と、かなりの値下がりになりますね。スマートバリューに加入済みならば、更に500円の割引が受けられるので、2,980円と破格の値段になります、税金を入れても3,218円です。

飼いヌコ
1GBじゃな~、心細いな。

今現在のワタシのプランと比べてみましょう。

auスマホの新サービス「au ピタットプラン」とは?メリットやデメリットは?

スーパーカケホのデータ定額5GBのプランです。割引が無い場合は、7,000円が月額料金ですが、ワタシの場合は、スマートバリューauにのりかえ割が適応されています。マイナス2,410円を引くと4,590円、税金込みで4,957円です。実際の請求は、ユニバーサルサービス料の2円がプラスされて4,959円です。

この料金は乗り換え2年間だけ適応されるので、auで3年目に突入すると、auにのりかえ割が無くなり、スマートバリューが934円に減額されるので、6,553円になってしまいます。

飼いヌコ
高~。

auピタットプラン(スーパーカケホ)のデータ5GB以内なら5,918円(税抜5,480円)と、635円安くなる計算になります。

しかし、ワタシの月額データ使用量は平均すると1GB台です。今月は少しデータの使用量が多いですが、平均して2GB未満で収まっています。

auスマホの新サービス「au ピタットプラン」とは?メリットやデメリットは?

これを今回の「au ピタットプラン」に変更すると、4,298円(税込)になり、割引適用されている今現在の月額料金よりも更に安くなります。

飼いヌコ
700円近く安くなりますね。これはチョーお得ですな。

auピタットプラン(カケホ)

国内通話が24時間カケ放題のプランになります。毎日たくさん電話を利用するユーザーにはお得なプランですね。基本的にスーパーカケホよりも1,000円高いだけなので、普段から少しでも電話を利用するならばこちらの方がお得です。

飼いヌコ
スーパーカケホで10分通話すると、それだけで200円追加料金がかかりますからね。

auピタットプラン(カケホ)
データ利用料 ~1GB~2GB~3GB~5GB5GB超
20GB~
基本料金
(誰でも割適応時)
4,480円5,480円6,480円7,480円8,480円
auスマートバリュー▲500円▲1,000円
月額料金3,980円4,980円5,480円6,480円7,480円
注 税抜価格

関連 auの誰でも割とは?

こちらのプランのカケホは、スーパーカケホにプラス1,000円 と覚えておくと良いです。

auピタットプラン(シンプル)

電話をかけた分だけ払うプランです。30秒で20円の通話代がかかります。

飼いヌコ
青天井ルールですね。(((( ;゚Д゚))) ガクブル

auピタットプラン(シンプル)
データ利用料 ~1GB~2GB~3GB~5GB5GB超
20GB~
基本料金
(誰でも割適応時)
2,980円3,980円4,980円5,980円6,980円
auスマートバリュー適応外▲500円▲1,000円
月額料金2,980円3,480円3,980円4,980円5,980円
注 税抜価格

関連 auの誰でも割とは?

1GBのプランはスマートバリューが適応されないので、スマートバリューを申し込んでいるユーザーはスーパーカケホの方が、5分間無料で通話が出来る分お得になります。

ピタットプラン(シンプル)と、ピタットプラン(スーパーカケホ)の料金差は500円ですね。1か月に通話料金が500円以下ならシンプル、500円を超えるならスーパーカケホと、500円が分かれ目になりますね。

飼いヌコ
家族間の通話は無料なので、家族以外で500円か・・・、微妙なところですね。

auピタットプランのデメリット

auスマホの新サービス「au ピタットプラン」とは?メリットやデメリットは?

auピタットプランは、月額料金が安くなる、かなりお得なプランというのが分かりましたが、「すぐにでもプラン変更すれば良いジャン」という訳にはいかないです。と言うのは、auピタットプランに変更する事で、逆に月額料金がアップする場合もあります。

飼いヌコ
!?

auピタットプランでは毎月割が適応外

auピタットプランにプランを変更すると、毎月割が適応されなくなります。という事は、端末代金を月賦で支払っているユーザーは毎月割が無くなり、逆に月額料金が高くなってしまう可能性があります。

飼いヌコ
本末転倒ですねw

auピタットプランでは元のプランに戻れない

auピタットプランに変更すると、元のプランには戻せなくなります。

飼いヌコ
というか、元のプランの方が確実に高くなると思いますがw

auのスマホ応援割とは?

※ビッグニュースキャンペーンは2018年5月31日で終了、6月1日からはスマホ応援割としてスタートしました。

auピタットプランの広告を見ていると、月額1,980円で通話もデータもコミコミなんて事が書かれていますね。どうやらauの新キャンペーンの スマホ応援割 という割引プランです。

飼いヌコ
ホンマかいなw

auスマホの新サービス「au ピタットプラン」とは?メリットやデメリットは?

auスマホの新サービス「au ピタットプラン」とは?メリットやデメリットは?出典:au ピタットプラン

スマホ応援割とは、端末購入に対する割引サービスになるので、端末購入は必須ですね。

  • 新規契約(他社から乗り換え含む)
  • 機種変更

新規契約(他社から乗り換え含む)や機種変更時に、「auピタットプラン」もしくは「auフラットプラン」に申し込んだ場合、翌月から1年間、毎月1,000円割引のサービスが適応されます。

飼いヌコ
iPhoneも適応されたのね。

ここで錯覚しがちな事は、当然端末購入を伴うので、最安値の1,980円に端末代金がプラスされる事 です。

auスマホの新サービス「au ピタットプラン」のまとめ

今回は、auの新サービス au ピタットプラン について調べてみました。しかしスマホ業界はプランやサービスが目まぐるしく変わりますね、さすがに頭が混乱してきました。

飼いヌコ
ついていけないですね~。

結局、今回の新サービスで誰がいちばん得をするのかというと、すでに端末代金を支払い終えているユーザーです。毎月割を使って2年間で端末代金を支払い終えた後、3年目は月額料金がかなり上がるので、au ピタットプランに変更する事により、月額料金をかなり抑える事が可能になります。

au関連記事
スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)