基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

カーテンタッセルの作り方を紹介していきたいと思います。

カーテンタッセルの作り方をネットで検索してみると、ウッドビーズやキーホルダーなどを使った、お洒落な作り方が掲載されていますが、今回は、カーテンを自作した後の余った生地で作る、基本の作り方を紹介します。

飼いヌコ
という事は、無料で自作できるんですね。

さすがに無料という訳にはいきませんが、ほとんどお金をかけずに作成可能になります。

スポンサーリンク

手作りタッセルに必要な材料

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

手作りタッセルに必要な材料です。

  • タッセル用芯地
  • 厚紙
  • チャコペン
  • タッセルリング

この中でタッセル用芯地だけは購入して、後は家にあるもので代用していきたいと思います。

カーテンタッセルの作り方①型紙の作成

厚紙の上にタッセル用芯地を重ねて、周りをチャコペンでなぞっていきます。チャコペンがない場合は色鉛筆で代用できると思います。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

こんな感じに線が引けました。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

飼いヌコ
厚紙に書くので鉛筆で良かったのでは?

線になぞってハサミでカットしていきます。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

カーテンタッセルの作り方②生地に印を入れて裁断

カーテンのハギレにカットした型紙を乗せてチャコペンで型を書いていきます。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

飼いヌコ
分かりにくいな。

型紙に沿って書いた線の外1~1.5㎝くらいを縫い代分として、チャコペンで描いていきます。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

飼いヌコ
要するに、型紙の周りをプラス1~1.5㎝位、ぐるっと1週描くわけですね。

縫い代を含めた外側を裁断します。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

片開きの場合、1枚で良いですが、両開きの場合はもう1枚必要になります。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

カーテンタッセルの作り方③生地を型紙に合わせて折り返す

裁断した生地のなかに型紙を入れて、チャコペンで描き足した部分を折り曲げてアイロンをあてます。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

ぐるっと1週アイロンをあてたら、型紙を取り除いて芯地を重ねます。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

半分に折り返し、縫い合わせる部分を待ち針で固定します。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

飼いヌコ
何だか餃子みたいですね( ´艸`)。

カーテンタッセルの作り方⑤タッセルリングの取りつけ

タッセルリングを適当な長さに切って、先をセロテープで止めておきます。今回はタッセルリングの代わりに、サンシェードを購入した時に付属していた紐を使いました。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

タッセルリングをタッセルの両端に取りつけます。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

カーテンタッセルの作り方⑥縫い合わせ

最後に点線の部分を縫い合わせていきますが、注意点は、タッセルリングが抜けないようにしっかりと縫い合わせます。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

飼いヌコ
紐の部分が抜けないように縫い合わるって事ですね。

以上でカーテンタッセルの完成です。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

タッセルリングもしっかりと縫い合わされました。

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

まとめ

基本のカーテンタッセルの作り方『ハンドメイド』

今回は、基本のカーテンタッセルの作り方を紹介しました。縫い合わせる時に、ピッタリくっつかないで少しズレる場合がありますが、家庭で作るDIYタッセルなので気にしなくても良いですね。

飼いヌコ
基本的に、タッセルは目立たないものですからね。

手順として、芯地の大きさで型紙を作り、そこから1㎝~1.5㎝の折り曲げる部分を描きたし、タッセルリングを入れて縫い合わせるだけです。型紙さえあれば、簡単に作成できますね。

カーテンを作成した時の余った生地で作成できるので、材料費もかからずに作れるのも魅力になります。

関連 DIYで手作りしよう!カーテンの作り方【ハンドメイド】

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です