Inkscapeで写真の切り抜き方や内側も切り抜く方法

Inkscapeで写真の切り抜き方や内側も切り抜く方法

WordPress等でブログ記事を作成する場合に書き初めに画像を挿入しますね、この方がインパクトのある書き出しになります。

WordPress書き初め画像を挿入

作り方は簡単です、フリー写真素材サイトで貰った写真をInkscape(インクスケープ) でトリミング(切り取り)して貼り合わせて作ります。

難しそうだな~。

飼いヌコ

今回はInkscapeを使った画像の切り抜き方や、内側を切り抜くコツ を紹介して行きたいと思います。

いつも内側は上手に切り抜けませんよ…。

飼いヌコ

ワタシも内側の切り抜きをマスターするのに苦労しました、しかしコツさえつかんでしまえば意外に簡単に切り取る事が出来ます。

Inkscapeを起動して画像を挿入する

今回はドーナツが描かれている画像からドーナツのみをトリミングしていきたいと思います、ちなみに使用する画像はフリーの素材サイトから貰ってきます。

外部リンクフリー素材、無料画像の検索サイトNo.1【タダピク】

inkscapeの基本的な使い方は コチラ を参考にして下さい。

まず最初にInkscapeを起動してドーナツ画像を挿入していきましょう。

Inkscapeを起動してドーナツ画像を挿入

美味そうw

飼いヌコ

スポンサーリンク

ペンツールを使い切り抜く範囲を囲む

次にドーナツの外側をペンツールでなぞっていきます、後で修正するので適当で良いです。

ドーナツの外側をペンツールでなぞっていく

子供のお絵かきみたいだな(笑)。

飼いヌコ

ドーナツの内側部分も同じようになぞっていきます。

ドーナツの内側部分も同じようになぞる

適当で良いのね。

飼いヌコ

ノードツールでパスを調整する

先程はペンツールでドーナツの内外をなぞりましたが、今度はノードツールに切り替えてパスを微調整して行きます。

この時初めにズームツールで拡大しておくと後々作業がし易いです。

ノードツールに切り替えてパスを微調整して行く

ここは真剣勝負だな、なるべく丁寧にと。

飼いヌコ

フィルの単一色で色づけ

ドーナツの穴にフィルの単一色で色を付けます。

ドーナツの穴にフィルの単一色で色を付ける

外側にも色を付けます。

オブジェクトの外側にも色を付け

うわ~、何だかドーナツの面影が無くなったw

飼いヌコ

ドーナツの内側の円内の切り抜き

「選択ツール」でドーナツの外と内を選択します、先に外側を選択してShiftを押しながら内側を選択します。これで内外の2つのオブジェクトが選択されました。

「選択ツール」でドーナツの外と内を選択

なるほど、点線が2種類ありますね。

飼いヌコ

「パス」➝「差分」で切り抜き

①「パス」➝②「差分」と進みます。

①「パス」➝②「差分」と進む

これでドーナツの中心の円内が切り抜かれました。

ドーナツの中心の円内が切り抜かれた

ほう!やりますなw

飼いヌコ

「パス」➝「差分」で切り抜き

今度はドーナツ自身を切り抜いていきます、ドーナツが描かれている画像全体を選択してShiftを押しながらドーナツの外側を選択しましょう。

画像全体を選択してShiftを押しながらドーナツの外側を選択

全体の画像とドーナツ自体を選択するのね。

飼いヌコ

続いて①「オブジェクト」➝②「クリップ」➝③「設定」と進みます。

①「オブジェクト」➝②「クリップ」➝③「設定」と進む

するとドーナツの背景だけが削除されました、もちろん穴の中も切り抜かれました。

ドーナツの背景だけが削除された

お見事!ブラボー♪

飼いヌコ

切り抜く前の原型の画像ではドーナツの中に他のオブジェクトを入れる事は不可能でしたが、切り抜き後は可能になりました。

切り抜く前の原型の画像ではドーナツの中に他のオブジェクトを入れる事は不可能だったが切り抜き後は可能

ドーナツの内側から覗く事が出来るのね(笑)。

飼いヌコ

オブジェクトの切り抜きが出来れば色々な画像を作成する事が可能になります。

オブジェクトの切り抜きが出来れば色々な画像を作成する事が可能

(笑)。

飼いヌコ

切り抜いたオブジェクトに影を付ける場合

切り抜いたオブジェクトはそのまま使えますが、影を付けたい場合はドーナツの外側をペンツールでなぞった時に複製しておきます。

ドーナツの外側をペンツールでなぞった時に複製しておく

コピーしたオブジェクトにフィルの単一色で色を付けてドーナツに重ね合わせて「回り込み(最背面に移動)」をクリックします。

コピーしたオブジェクトにフィルの単一色で色を付けてドーナツに重ね合わせて「回り込み(最背面に移動)」をクリック

ドーナツが手前に表示されて影が奥に回り込みました。

ドーナツが手前に表示されて影が奥に回り込んだ

後は「フィル/ストローク」の「ぼかし」でぼかし具合を調節していきます。

「フィル/ストローク」の「ぼかし」でぼかし具合を調節

影付きドーナツの完成です。

影付きドーナツの完成

面白いですねw

飼いヌコ

まとめ

今回はInkscape(インクスケープ)を使い写真を切り抜く方法を紹介しました。写真の外側を切り抜くのは簡単なのですが、内側を切り抜く場合は少しコツが必要です。

STEP.1
ペンツールを使いオブジェクトの外側と内側をなぞる
STEP.2
ノードツールで綺麗にパスを調整する
STEP.3
オブジェクトにフィルの単一色で色を付ける
STEP.4
オブジェクトの外側と内側を選択、「パス」➝「差分」で内側を切り抜き
STEP.5
画像全体とオブジェクトの外側を選択、「オブジェクト」➝「クリップ」➝「設定」でオブジェクト全体の切り抜き

慣れるまでは難しいですが、慣れてしまえば簡単に行う事が出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)