イラストレーターの代わりに使えるフリーソフトのInkscapeの使い方を初心者が勉強してみた【初期設定編】

イラストレーターの代わりに使えるフリーソフトのInkscapeの使い方を初心者が勉強してみた【初期設定編】

先日、Illustrator(イラストレーター) に挑戦してみました。といってもワタシは全くの素人なので、イラストレーターの体験版をダウンロードしてみただけです(笑)。

何故イラストレーターを使いたいかと言いうと、ブログのロゴやアイコン・バナーなどを自作したいと思ったからです。

素人が手を出すジャンルでは無いような…。

Illustrator(イラストレーター)とは、いったいどんなアプリケーションなのでしょうか?

名刺やブログにのせるオリジナルロゴを作成したい。イラストを描いてTシャツにプリントしたい。イベントを告知するためのポスターやチラシを制作したい。それなら、Adobe Illustrator CCが最適です。Illustratorには、細かい図形や線のはっきりとしたイラスト、こだわりの文字デザインなどを作成するためのさまざまなツールが備わっています。出典:Illustrator

大変便利なイラストレーターですが、ひと昔前はパッケージ版が主流でした。しかし、現在では月額課金制の Illustrator CC(Creative Cloud) というサービスになっているみたいですね。

肝心のイラストレーターの月額料金ですが、1か月に2,480円(税抜)と、たいへん高額です。

高っ! 格安スマホ並だなw

イラストレーターを1年間使用すると、税込で約2万8千円ほどかかります。

マジか!

バリバリとロゴやバナー等を作成できる人にとっては安いかもしれませんが、これからイラストレーターを勉強して行く初心者にとってはさすがにこの値段は高いですね。

イラストレーターの体験版の期間はたったの7日間しかありません、7日でイラストレーターを覚える事はまず不可能ですね。

ワタシもイラストレーターの体験版をダウンロードしましたが、あっという間に使用期限が切れてしまいました(笑)。

イラストレーター 体験版

昔は30日間でしたね?

さすがにイラストレーターの初心者が月額2,480円(税抜)も払うのは勿体ないので、何とかならないかと考えました。

すると、イラストレーターとよく似た機能を持つ Inkscape(インクスケープ) というアプリケーションを発見。

このInkscapeはイラストレーターの代わりに無料で使用出来る事との事なので使ってみる事にしました。

インクスケープはイラストレーターと違い無料で利用可能

インクスケープはイラストレーターと違い無料で利用可能

Illustrator(イラストレーター)は有料ですが、無料で使用可能なInkscape(インクスケープ)とは、一体どのようなソフトウェアなのでしょうか?

Inkscape(インクスケープ) とは?

オープンソースで開発されているグラフィッイクソフト(ベクトル画像編集ソフトウェア)。

ベクトル?宇宙人みたいな名前だな~

パソコンで絵を描く時に使われる画像には大まかに2通りあります。ベクトル画像 ビットマップ画像 になります。

今回使用する Inkscapeはベクトル画像編集ソフトになりますが、最大の特徴は 拡大しても線が綺麗なままという事です。

ベクトル画像 ビットマップ画像
特徴と
優れている点
点の座標と色の情報
から表示される。

拡大しても綺麗
に表示される。
ドット・ピクセルの
集合から表示される。

写真のような画像表示
に長けている。
向いていない点 写真の様な複雑な
画像の処理。
画像の形状は
記憶していないので、
拡大や変形には適さない。
有料ソフト Illustrator Photoshop
無料ソフト Inkscape ペイント GIMP

※スマホではスライドして下さい。

イラストレーターもインクスケープも同じベクトル画像なので親戚みたいなものかな?

イラストレーターは使える機能が豊富なので、使い方も複雑になります。一方でインクスケープは使える機能がシンプルな分、操作も覚えやすいです。

その他の違いでは、イラストレーターはCMYK・RGBの両方をサポートしていますが、インクスケープではCMYKはサポートしていません。

CMYK・RGB、何のこっちゃ?

パソコンやスマホで見る色の3原色の事を『RGB(Red・Green・Blue)』、印刷した紙で見る色の3原色の事を『CMYK(Cyan・Magenta・Yellow・Key plate)』といいます。

そういえば、プリンターのインクを替える時に、マゼンタとかいう色があったな~。

インクスケープとイラストレーターの最大の違いは、インクスケープは無料で利用出来る事です、ブログのバナーやアイコンを作成するならインクスケープでも十分に対応できます。

スポンサーリンク

アプリダウンロード・インストールして行こう!

では、これからインクスケープアプリをダウンロードして行きましょう。下記のサイトからダウンロード出来ます。

外部リンク窓の杜(オンライン系ソフトの紹介サイト)

窓の杜へアクセスして、『32bit版』『64bit版』のどちらかをダウンロードしますが、『32bit版』『64bit版』の見分け方は、スタートボタンから コンピューター を右クリック➝ プロパティ をクリックすると システムの種類 の隣に明記されています。

『32bit版』『64bit版』の見分け方

icon-check-square-o Windows10の場合

スタートメニューの『歯車』アイコンをクリックして『システム』⇒『バージョン情報』と進みます。

『32bit版』『64bit版』の見分け方

ワタシのパソコンは64bitなので、Inkscape(64bit版)をダウンロードして行きます。

インクスケープアプリダウンロード

Inkscapeの最新バージョン0.92を保存します。※現在の最新バージョンは1.0です。

インクスケープアプリダウンロード

ダブルクリックで実行して行きます。※『Create Inkscape Desktop Icon』にチェックを入れるとデスクトップにアイコンが作成されます。

イラストレーターの代わりに使えるフリーソフトのInkscapeの使い方を初心者が勉強してみた

そのまま何もしなくてもデスクトップにアイコンが作成されるので、クリックして起動させます。

インクスケープ起動

真っ白だな~、どう使うんだろ?

スポンサーリンク

3つの初期設定を行っておこう

Illustrator(イラストレーター)を10年ばかりタイムスリップさせたような画面ですね。インクスケープはイラストレーターに比べてシンプルな作りに見えますが、それでも色々な機能がありすぎて何が何だか分かりません。

とりあえず、インクスケープで何かオブジェクトを作れる状態にしていきたいと思います。

インクスケープの初期設定
  1. 背景の不透明度を変更
  2. 方向と単位の設定
  3. 作業スペースの拡大

初めに、この3つの作業をやっておけばバッチシですね。

ホンマでっか?

1.背景の不透明度を変更

インクスケープで作業をするときは、基本的に背景は白です。しかし中には、背景色を変更しなければならない場合があるかもしれません。そういった場合の設定方法です。

インクスケープのメニューから「Y」の様なマークをクリックします。※shiftctrlDを同時に押しても開きます。

インクスケープ背景の不透明度を変更

すると『ドキュメントのプロパティ』のウィンドウが開きます。その中の『背景色』の右の模様をクリックすると、背景色を変更できるウィンドウが開きます。

インクスケープ背景の不透明度を変更

色の所にあるツマミを左にスライドさせると、背景色が変更できます。

インクスケープ背景の不透明度を変更

基本的にはツマミは4つとも右にスライドさせておきます、255の位置ですね。

インクスケープ背景の不透明度を変更

背景は透明でない白って事ですね。

追記:最新バージョンでは『A』の最大値は『100』です。

2.方向と単位の設定

次は作業スペースの方向と単位を変えていきます。デフォルトでは縦に設定されています。これを横向きに変えて、単位を『mm』➝『px』に変更します。

インクスケープ方向と単位の設定

これで作業スペースが縦から横向きに替わりましたが、何だかやけに小さいですね。

3.作業スペースの拡大

インクスケープの画面右、中ほどにある虫眼鏡のマークをクリックすると、作業スペースが画面いっぱいに広がります。

インクスケープ作業スペースの拡大

これで作業がし易くなりました。

インクスケープ作業スペースの拡大

とりあえずこの設定だけ覚えておけば、いつでも作業に取り掛かる事が出来ます。

しかしインクスケープを起動するたびに3つの作業を行うのは効率が悪くないですか?

確かに手間がかかりますね。そこで3つの設定を終えた段階を保存しておきます。左上の『ファイル』➝『名前を付けて保存』と進みます。

インクスケープファイルデスクトップに保存

ドキュメントに任意の名前を付けて、パソコンのデスクトップに保存します。ここでは『インクスケープ』というファイル名にしておきます。

インクスケープファイルデスクトップに保存

次回からはデスクトップに保存したドキュメントをインクスケープのアイコンにドラック&ドロップするだけで、先ほどの3つの設定を行った状態でドキュメントが開きます。

インクスケープファイルデスクトップに保存

なるほど!

まとめ

今回はイラストレーターの代わりに使えるフリーソフト Inkscape(インクスケープ) のダウンロード・初期設定方法を勉強して行きました。

インクスケープを起動させて3つの設定を行っておく事で次回からは起動が簡単になります。。

インクスケープの初期設定
  1. 背景の不透明度を変更
  2. 方向と単位の設定
  3. 作業スペースの拡大

これだけは最低限覚えておきたい設定です、この設定をデスクトップに保存しておけばドラック&ドロップするだけでいつでもドキュメントを開く事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)