Inkscape(インクスケープ)で最低限覚えておきたいツールの使い方【初心者編】

Inkscape(インクスケープ)で最低限覚えておきたいツールの使い方【初心者編】

インクスケープ(Inkscape)を初心者が勉強する第二弾になります。今回はインクスケープでオブジェクトを作成するにあたり、最低限覚えておきたいツール の使い方を勉強して行きたいと思います。

インクスケープでは何が出来るのですか?

インクスケープで出来る事は、主に下記のオブジェクトが作成できます。

  • イラスト
  • アイコン
  • バナー
  • ロゴ

その他にも色々と使い方があるかもしれないですが、初心者のワタシにはこれくらいしか思い付きません。

フフフ(笑)。

ブログやホームページを運営していると、ブログ名のロゴやアイコン・バナーなどが必要になりますね。そんな時はフリー素材を使えば良いのですが、自分でも簡単に作成する事が出来ます。

今回はロゴやアイコン・バナーを作成する場合に、最低限必要なツールの使い方 を勉強して行きます。

注意

インクスケープのバージョンが「1.0」にアップした関係で仕様が少し変更されました。

インクスケープでオブジェクト作成時に使うツールとは

インクスケープでオブジェクト作成時に使うツールとは

インクスケープを起動すると左側にズラリと絵柄が並んでいますね。基本的にこのツールボックスを使用してオブジェクトを作成して行きます。沢山ありすぎて覚えきれませんが、最低限使用するツールの操作方法だけ覚えておけば良いと思います。

Inkscape(インクスケープ) メニューバー

これは頭が痛くなりそうだな~

今回勉強して行くのは5つの項目です。

  • 選択ツール(オブジェクトを選択/移動/変形)
  • ズームツール(ズームイン/アウト)
  • 矩形ツール(矩形を作成)
  • 円/弧ツール(円/弧を作成)
  • テキストツール(テキストを作成/編集)

インクスケープの使い方① 選択ツール

inkscape(インクスケープ)選択ツール

いちばん最初はインクスケープを扱う上で基本中の基本のツールです、パソコンに置き換えるとマウスカーソルのような物です。

「選択ツール」では、オブジェクトを選択したり移動させたりします。基本的に何か作業をしていても、選択ツールに切り替えてオブジェクトの大きさや位置の変更を行います。

選択ツールを使用している場合は、点線に囲まれたオブジェクトだけが作業対象となります。

オブジェクトをクリックすれば点線で囲まれますが、他ツールを使用している時などは、その都度選択ツールに切り替えなければなりません。

inkscape(インクスケープ)選択ツール

オブジェクトを移動する時や拡大する時も選択ツールを使用します。

inkscape(インクスケープ)選択ツール

オブジェクトを移動させる場合は、選択ツールに切り替えてオブジェクトをドラッグアンドドロップでOKです。

パソコンの操作と同じですね。

オブジェクトを拡大させる時は、点線の直角の矢印を手前に引けば拡大して、前に押せば縮小します。

inkscape(インクスケープ)選択ツール

うわー 何だか円が変形しちゃったw。

オブジェクトの形を変えずに拡大する場合は、画面上の鍵マークのカギをクリックしてやれば良いです。又は、キーボードのCtrlを押しながら矢印を引くと、比率を保ったまま拡大できます。

inkscape(インクスケープ)選択ツール

なるほど!

スポンサーリンク

インクスケープの使い方② ズームツール

inkscape(インクスケープ)ズームツール

ズームツールというだけあって拡大・縮小が出来るツールにです。初心者のうちはあまり使う事は無いと思います、細かい作業をする時には便利なツールですね。

inkscape(インクスケープ)ズームツール

小さっw

ズームツールを選択後に画面上でクリックすると、どんどん画面が大きくなって行きます。

inkscape(インクスケープ)ズームツール

でかっw

オブジェクトを縮小させる場合は、キーボードのShiftを押しながら画面をクリックして行きます。

追記:最新バージョン(1.0)では「ズームツール」がありません。

インクスケープの使い方③ 矩形ツール

inkscape(インクスケープ)矩形ツール

今度は矩形ツールを使って、四角形のオブジェクトを作成してみましょう。

・・けい。読み方が分かりませんw

「くけい」と読みます、基本的に四角形のオブジェクトを作成するツールです。マウスを左クリックしながら手前に引いていくと四角形を作成できます。

ちなみに、Ctrlを押しながら斜め下に引くと正四角形が作れます。また、Shiftを押しながら描くと、中心が基準になる四角形が作成できます。

inkscape(インクスケープ)矩形ツール

オブジェクトの角を丸める

矩形ツールで四角形を作成すると、丸いハンドルが出現します。これは 丸めハンドル といいます。1つに見えますが2つに重なっています。

inkscape(インクスケープ)矩形ツール

1つを下にずらしていくと、あら不思議円になりました(笑)。

inkscape(インクスケープ)矩形ツール

!?

2つのハンドルをバラバラに動かすことも出来ます。

inkscape(インクスケープ)矩形ツール

Ctrlを押しながらハンドルを動かすと、2つのハンドルを同じ間隔で動かせます。

inkscape(インクスケープ)矩形ツール

矩形ツールだけで簡単なオブジェクトが作成できます。

inkscape(インクスケープ)矩形ツール

インクスケープの使い方④ 円/弧ツール

inkscape(インクスケープ)円/弧ツール

こちらも矩形ツールと同じようにマウスを左クリックしながら動かすと楕円(だえん)が作成できます。Ctrlを押しながらで正円が作成でき、Shiftを押しながら円を描くと、中心を基準に楕円を作成できます。

inkscape(インクスケープ)円/弧ツール

丸めハンドルを外側にドラッグして行くと扇型になります。

inkscape(インクスケープ)円/弧ツール

パックマン!?

丸めハンドルを内側にドラッグすると弧になります。

inkscape(インクスケープ)円/弧ツール

追記:最新バージョン(1.0)では円を描くと下記の様な図柄になってしまいます、これはワタシだけの現象なのでしょうか?

inkscape(インクスケープ)円/弧ツール

インクスケープの使い方⑤ テキストツール

inkscape(インクスケープ)テキストツール

最後はテキストツールの基本的な使い方です。ツールボックスのAの模様を選択します。次にキャンバスのどこでも良いのでクリックすると、縦線が表れます。

inkscape(インクスケープ)テキストツール

キーボードを使い文字を入力して行きます。最後にEnterを押すとテキストが表示されました。

inkscape(インクスケープ)テキストツール

文字の大きさを変えるには

テキストツールを選択したままツールコントロールバーのフォントサイズを変更して行きます。

inkscape(インクスケープ)テキストツール

最初の文字が大きかったので縮小されました。

inkscape(インクスケープ)テキストツール

フォントの変更

自分好みのフォントに変更したい時は、フォントファミリの[▼]をクリックすると色々な字体が表れます。右側にサンプルが表示されるので参考にすると良いですね。

inkscape(インクスケープ)テキストツール

スリムな字体に変更されました。

inkscape(インクスケープ)テキストツール

あらかじめフォントやフォントサイズを登録させておく事も出来ます。

画面右下(最新バージョン1.0では上部のメニューバー)の[T]のマークをクリック、又はメニューバーから「テキスト」➝「テキストとフォント」と進むと、画面右側にダイアログが表示されます。

inkscape(インクスケープ)テキストツール

inkscape(インクスケープ)テキストツール

こちらのダイアログでもフォントの変更や大きさの変更が可能です。「デフォルトとして設定」ボタンを押すと、現在の設定が保存されます。

inkscape(インクスケープ)テキストツール

まとめ

今回は、インクスケープで簡単なオブジェクトを作成する場合に最低限度知っておきたいツールの使い方 を勉強しました。これさえ覚えておけば、簡単なバナーを作成する事が出来ると思います。

まだまだ覚える事がたくさんありそうですね。

後は色の付け方や枠線や影を導入する方法を覚えれば、ブログに使用するアイコンやバナーを作成する事ができますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)