Vプリカとは?アカウントの登録方法や手数料・カードの買い方まとめ

Vプリカとは?アカウントの登録方法や手数料・カードの買い方まとめ

インターネット専用のクレジットカード Vプリカ のアカウント登録方法や手数料、WEBサイトからのカードの買い方などを紹介していきます。

Vプリカとはインターネット専用のVISAプリペイドカードで、インターネット上のVISA加盟店なら世界中どこでもクレジットカードと同じ様に利用可能です。

Vプリカはコンビニやネットで購入できますが、ネット上でしか使えないので現物のカードは発行されずにVプリカのサイト上で発行になります。

バーチャルカードという事ね。

飼いヌコ

※記事内の価格はすべて税込価格です。

Vプリカはネット決済専用プリペイドカード

Vプリカはネット決済専用プリペイドカード

Vプリカはクレジットカードで有名なライフカード株式会社が発行するインターネット決済専用VISAのプリペイドカードです。

カードはインターネット上のVISA加盟店でクレジットカードと同じように利用できます。

ネット上でしか使えないのね。

飼いヌコ

18歳以上で申込み可能⇒18歳未満でも利用可能に

Vプリカは日本国内在住の18歳以上であれば、本人確認や審査なしでアカウントが登録できてます。

追記

18歳未満であっても親権者の同意があればアカウントを開設してVプリカを利用する事が可能になりました。

保有可能枚数・限度額

Vプリカ残高のあるカードを同時に10枚まで持つことができ、用途によって使いわける事が可能です。

またVプリカを合算する事で最大10万円の買い物に利用できます。

同時保有可能枚数 10枚
限度額 10万円(複数のVプリカ残高の合算)

Vプリカとクレジットカードの違い

Vプリカとクレジットカードの違いを表にまとめてみました。

名称 Vプリカ クレジットカード
審査 不要 必要
本人確認
銀行口座
カード記載氏名 ニックネーム可 本名
カード形態  カードなし プラスチックカード
利用開始日  Vプリカ発行後すぐ カード到着後
利用可能額  Vプリカ残高内  与信額の範囲内
引き落とし日  商品購入時 後日
年会費 不要 必要(カードにより不要)
セキュリティロック 対応 一部対応カード有

Vプリカは審査・本人確認資料・銀行口座が不要で、カード記載名はニックネーム登録が可能になっています。

スポンサーリンク

Vプリカの買い方は4種類

Vプリカの買い方は4種類

Vプリカの購入方法は4種類で、コンビニ・インターネット・お店で買う方法やポイントや電子マネーをVプリカへ交換する方法です

Vプリカの購入方法
  • コンビニ
  • インターネット
  • お店
  • ポイントや電子マネーを交換

コンビニでの買い方

コンビニで購入後に「Vプリカ発行コード」を受け取り、Vプリカのサイトのマイページから発行コードを入力します。

この場合は「SMS認証/電話認証」を経てすぐにVプリカがチャージされます。

ちなみにコンビニではVプリカのアカウントを開設せずに購入できるVプリカギフトというカードも売られています。

外部リンクVプリカギフトのご案内

Vプリカギフトとはアカウント開設不要で購入後すぐに使えるVISAプリペイドカードで、コンビニや「VプリカOnline Shop」で購入可能です。

インターネットでの買い方

インターネットで購入する場合はVプリカ会員専用ページ(Myページ)から申込後にクレジットカードやインターネットバンキングで支払います。

クレジットカードで支払う

ライフカード発行のクレジットカードの場合は「VISA」「MasterCARD」「JCB」が利用可能で、ライフカード以外の日本で発行されたクレジットカードでは「VISA」「MasterCARD」が利用できます。

Vプリカ カード払い

インターネットバンキングで支払う

インターネットバンキング(パソコン・モバイル・タブレット・アプリ)からVプリカ購入代金が支払えます。

支払いできるインターネットバンキング
  • 都銀・地銀・その他
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫
  • 農協
  • 漁連・漁協

※ゆうちょ銀行・楽天銀行・みずほ銀行や一部の金融機関では取り扱い不可。

お店(WonderGOO)での買い方

ゲームソフト・音楽CD・DVD・書籍・携帯電話などを扱っているWonderGOO という店舗の「DVDケース」で購入可能です。

販売券種は3,000円・5,000円・10,000円 の3種類で別途購入手数料200円がかかります。

ポイントや電子マネーを交換する

以下のポイント・電子マネーをVプリカへ交換する事が可能です。

交換可能なポイント・電子マネー
  • モラタメ.net
  • ポイントインカム
  • お財布.com
  • ネットマイル
  • PeX
  • アメフリ
  • ポイントタウン
  • ドットマネー
  • デジタルウォレット
スポンサーリンク

Vプリカへアカウントを登録する方法

Vプリカへアカウントを登録する方法

では実際にVプリカに登録していきましょう。

V-プリカ 公式ページへアクセス

以下のURLからV-プリカ 公式ページへアクセスする事が出来ます。

公式V-プリカ 公式ページ

ページ右上の「MENU」⇒「アカウント開設(無料)」と進みます。※パソコンではページの右上にあります。

「アカウント開設(無料)」をタップ

4か所にチェックを入れる

「重要なお知らせ」を確認して4か所にチェックを入れて「次へ」をタップ。

4か所にチェックを入れて「次へ」をタップ

メールアドレスと確認メールアドレス・画像認証の文字を入力して「確認」をタップします。

メールアドレスと確認メールアドレス・画像認証の文字を入力して「確認」をタップ

メールアドレスに間違いなければ「登録」をタップします。

「登録」をタップ

必要情報の入力

登録メールアドレス宛にメールが送られて来ます、メールに記載されているURLをタップすると本登録の画面が表示されるので必要事項を入力していきましょう。

最初に「名前」「性別」「生年月日」「居住地」「電話番号」を入力していきますが、電話番号以外は架空のものを入力してみました。

注意点として、電話番号はSMS認証で必要なので正しく入力しておく必要があります。

※登録の情報が正しくない場合、ユーザーサポートを受けられない場合があります。

名前」「性別」「生年月日」「居住地」「電話番号」を入力

続いてログインIDとパスワードを入力。

ログインIDとパスワードを入力

秘密の質問と回答を設定してカードホルダー名を入力していきましょう。

秘密の質問と回答を設定してカードホルダー名を入力

最後に画像に表示されている文字を入力して「確認」をタップします。

画像に表示されている文字を入力して「確認」をタップ

登録内容の確認

登録内容を確認して間違いがなければ「登録」をタップしましょう。

「登録」をタップ

以上でVプリカの登録完了です、とりあえずログインしてみましょう。

「ログイン」をタップ

ちなみにVプリカのアカウントは複数開設する事が出来ますが、カードを購入する場合にSMS認証を行う必要があります。

この時1つの電話番号で2つのアカウントまでSMS認証が通りますが、3つ目からは認証されなくなります。

インターネットでのVプリカの買い方

インターネットでのVプリカの買い方

Vプリカにログインするとトップページに「Vプリカ購入」という項目があるのでタップしましょう。

「Vプリカ購入」をタップ

ここでの注意点は下記の2点です。

Vプリカ購入時の注意点
  • 購入時に200円の手数料を支払う。※ライフカードで決済した場合は200円OFF。
  • 3か月間利用しないと休眠カード維持費として1か月に125円請求される。⇦「休眠カード維持費」は廃止されました。

カード券種選択

最初にカードの券種を選択(500円から30,000円までの8種類)します。

カードの券種を選択

カードデザイン選択

次にカードのデザインを10種類の中から選択しましょう。

カードのデザインを選択

決済方法の選択

決済方法は「クレジットカード払い」「インターネットバンキング」のどちらかを選べますが、今回はクレジットカードで支払います。

あらかじめカード番号の登録が必要なので先に登録しておきましょう、「ご登録・変更はこちら」から登録可能です。※ライフカードで支払うと200円引きになります。

クレジットカードは「ご登録・変更はこちら」から登録可能

SMS認証/電話認証

続いてSMS認証または電話認証を行います、ここでは「次へ」をタップして下さい。

「次へ」をタップ

SMS認証または電話認証にチェックを入れて「次へ」をタップ。

SMS認証または電話認証にチェックを入れて「次へ」をタップ

SMS宛にコードが届くので認証番号を入力して「次へ」をタップしましょう。

認証番号を入力して「次へ」をタップ

「Vプリカ購入」をタップ

最後に内容を確認して間違いなければ「Vプリカ購入」をタップします。

「Vプリカ購入」をタップ

以上でVプリカの購入完了ですが、本物のクレジットカードと同じようなバーチャルクレジットカードが表示されました。

本物のクレジットカードと同じようなバーチャルクレジットカードが表示された

注意

Vプリカでカードを購入した後は必ずセキュリティロックを掛けておきましょう。

Vプリカで注意しておきたいデメリット3点⇦2点

Vプリカで注意しておきたいデメリット2点

Vプリカを利用する上で注意しておきたいデメリットは主に3点 2点あります。

Vプリカのデメリット
  • 有効期限は1年間
  • 購入手数料が200円から
  • 休眠カード維持費が月額125円

有効期限は1年間

Vプリカの有効期限は購入後1年を過ぎたその月の月末です、この際は有効期限の前月初めにメールが送られてきます。

有効期限は「月/年」で表示されており、下記の場合では「2023年9月」です。

Vプリカ有効期限「2023年9月」

有効期限を過ぎると残高があっても利用できなくなります、この場合は有効期限が切れる直前に新しいカードに残高を加算する事で新カードの有効期限まで利用する事が出来ます。

期限が切れると残高が失効するのね。

飼いヌコ

購入手数料が200円から

Vプリカではカード購入時に200円から390円の手数料がかかります。最低購入金額が500円ですが、手数料を足すと700円で販売されてます。

なのでVプリカを購入する場合はなるべく高額なカードを購入しておく方が手数料がかからないですね。

icon-check-square-o Vプリカ手数料(コンビニ)

購入金額 手数料
2,000円 200円
3,000円 200円
5,000円 200円
7,000円 280円
10,000円 390円

icon-check-square-o Vプリカ手数料(インターネット)

購入金額 手数料
500円 200円
1,000円
2,000円
3,000円
5,000円
10,000円
20,000円
30,000円

Vプリカではコンビニ・インターネットどちらで購入しても最低200円の手数料が必ずかかります。

ちなみにインターネットから購入する場合にライフカードで購入すれば200円OFFになります、実質的には手数料が無料になる訳ですね。

休眠カード維持費が月額125円

注意

2022年12月請求日より休眠カード維持費は廃止されました。

Vプリカを購入して最後に利用した月から3か月間使用しなかった場合は、休眠カード維持費として翌月25日に月額125円を残高から差し引かれます。

ただしVプリカ残高以上の請求は無いので残高が0円の場合は請求はありません。

仮にVプリカを10,000円購入して全く利用しない場合は3か月後に125円が引かれて、その後は残高がなくなるまで毎月125円ずつ引かれていきます。

Vプリカの残高が少額残った場合の賢い利用方法

Vプリカの残高が少額残った場合の賢い利用方法

Vプリカで買い物をした場合は少額の半端が出る場合があります、例えば200円ばかりの金額が余ってしまうと利用できないですね。

新しくカードを購入して合算する場合は全く問題はありませんが、カードを利用しない場合は休眠カード維持費を請求されるので勿体ないです。

注意

2022年12月請求日より休眠カード維持費は廃止されました。

この場合は有効期限が10年のAmazonギフト券を購入しておくと良いですね、Amazonなら何かしら使い道があると思います。

まとめ

今回Vプリカのアカウントを登録しましたが、登録時に使用した個人情報は下記の3点だけでした。

  • 登録用メールアドレス
  • 携帯電話番号
  • クレジットカード情報

海外のサイトでネットショッピングを行う場合はクレジットカードだと情報漏れが気になりますが、Vプリカを使うことにより安心して買い物が出来ます。

但しVプリカのカード番号も流出する恐れがあるので、セキュリティロックを必ずかけておきましょう。

Vプリカ セキュリティロック

セキュリティロックのかけ方は「カード情報」欄の「セキュリティロック」をタップして「セキュリティロックをします。よろしいですか?」と問われるので「OK」をクリックするだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿や心無いコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)